丼 料理レシピ

twitter google+ LINE はてなブックマーク

一人暮らしとしては楽な料理になるのが丼料理です。

1品で腹を満足させる食事になるため、食べた時の充足感は満点です。

ただ、栄養バランスを考えると、みそ汁などの汁物や、簡単でも結構なので野菜類も別途用意したいところです。

丼の食材

お米にはいろいろな種類があります。

丼物をする際は、出来れば固めに炊けるお米がお薦めです。丼に乗せる際に、調理した際のだし汁が一緒に丼に入りますので、その汁でご飯が少しふやけます。最初から柔らかいご飯ですと、ベチャベチャになりますので、固めがお薦めです。

お米は、ササニシキがお薦めですが、あまり売っていないので、もし、お米屋などで買うときは、固めに炊けるお米を教えてもらうのも良いかもしれません。コシヒカリは有名ですが、柔らかいものが多いように感じます。

また、お米は新米と古米とで水分量を変えて炊く必要があります。新米の方が、お米自体の水分量が多いため、水を少なめにします。古米は逆に、水を新米よりかは多めにします。

新米はたいてい売られる時に、新米の表示が書いてありますので、それを目安に新米かどうか判断しましょう。また、収穫された年数もチェックです。主に9月から11月辺りに新米が出回ります。

この辺りはお好みもありますので、ご自身の好きなタイプを選びましょう。

丼の調理

丼料理の基本となるのが炊いたお米です。お米は炊飯器などで気軽に炊くことが出来ますので、その方法を知り、炊いておきましょう。

丼料理をする際のお米は、少し固めがお薦めです。

このため、普段、柔らかい状態のご飯になっているのであれば、少し水分量を減らして炊いてみましょう。

丼の料理レシピ